障がいのある方

福祉の総合相談

地域住民が安心して生活でき、みんなが笑顔で支え合い集えるまちづくりを目指します。
福祉サービスの利用、身近な福祉に関する様々な困りごとなどの相談を受け解決に向けて支援します。

 

地域活動支援センター

地域活動支援センターとは、 障がいをお持ちの方に創作的活動や運動などの機会を通じて、社会との交流や自立した生活を応援する事業です。

 

対象
東浦町に住所を有する障がい児・者
日時
月曜日から金曜日 午前9時から午後4時
ただし、12月29日から1月3日及び国民の祝日を除く
場所
東浦町福祉センター(東浦町大字石浜字岐路23-1)
参加費
無料(ただし、材料費など実費負担あり)
内容
フリースペースとプログラム活動

 

内容
曜日等
午前の部 サウンド
テーブル
テニス
 俳句※ 絵手紙 切り絵
午後の部 パソコン 健康体操 絵画 軽運動

※ 第2・第4水曜日開催

障害者スポーツ普及事業

障害のある方の社会参加のひとつとしてスポーツ活動の場を提供することにより、その人らしい生活が送れるように取り組みます。

 

障害者フライングディスク教室

開催日
毎月第一日曜日
時間
午前10時~正午
場所
町体育館 小体育室他

 

ボッチャ教室

開催日
奇数月第一土曜日(11月のみ10日)
時間
午前10時~正午
場所
北部ふれあいセンター 体育室

 

※両教室とも予約不要、参加費無料です。見学歓迎

日常生活自立支援事業

福祉サービスの利用手続き、日常的金銭管理、書類などの管理のお手伝いをします。

対象者
認知症高齢者、知的障害者、精神障害者などで、日常生活の判断に不安のある人
利用料
福祉サービスの利用援助 1回1,200円(生活保護受給者無料)
日常的金銭管理サービス 1回1,200円(生活保護受給者無料)
書類などの預かりサービス 年間3,000円(月額250円)
提供するサービス等の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

あんしん預かり事業

生活に困っている方、家計の自己管理が難しい方に対して物品または現金の預かりを行い、生活に関する助言、援助を行うことにより生活を維持し、対象者の権利を守ることを目的として実施しています。

福祉車輌・福祉機器等の貸出事業

福祉車両貸出

障害をお持ちの方などにリフト付きワゴン車、スロープ付き軽自動車の貸出を行っています。障害をお持ちの方の外出等に是非ご活用ください。普通ワゴン車1台、軽自動車3台を貸出しています。

 

あいちゃん号
スロープ付軽自動車
定員/3名(運転手含む)(うち車いす1名)

どんぐり号
スロープ付軽自動車
定員/3名(運転手含む)(うち車いす1名)

さくら号
リフト付ワゴン車
定員/10名(運転手含む)(うち車いす2名)

アクティ号
普通軽自動車
定員/4名(運転手含む)

 

利用対象
東浦町内に居住で、屋外での移動に車椅子を使用する方または、電車、バス等通常の交通機関を利用することが困難な障がいをお持ちの方
貸出期間
1回につき貸出日、返却日を含め3日以内
貸出時間
原則として午前8時45分から午後5時まで
利用料
走行距離10kmまでを1単位として、1単位当たり100円(燃料費相当額を利用者が負担)
精算
燃料費相当額は現金または福祉車輌利用チケットで精算
利用手順
仮予約(利用日の2ヶ月前から可能)福祉車輌貸出申請書提出(申請書の受付は利用月の前月の1日から可能)
福祉車輌の貸出しを決定したときは福祉車輌貸出決定通知書で、却下したときは福祉車輌貸出却下通知書で通知
申請書提出
窓口持参、郵送でも可能です。また、便宜上代行提出も可能ですが、いずれも申請者の責任において行ってください。
利用者の責務
福祉車輌利用中についてはいかなる場合も利用者の責任となります。よって利用中の事故他に伴う責務、費用負担も利用者負担となります。

 

車いす・スロープ貸出

身体障害、傷病、高齢などにより歩行が困難な方の外出の便宜を図るため、車いす(非電動)とスロープを貸出しています。

 

貸出対象者
町内に居住し、身体の障害、傷病又は老衰などにより歩行が困難な方及び歩行が困難な親族を一時滞在させる町内居住者
貸出期間
1週間以内
利用料
無料
利用手順
車いす・スロープ貸与申請書提出

「声の広報」の発行

 

音訳ボランティア団体に依頼し、「広報ひがしうら」、「ひがしうらのふくし」等を音声化し、視覚障害者宅へCDの音訳媒体を配布します。また、事業の周知を目的とした案内CDを作成しています。

福祉用具・福祉機器のリサイクル事業

"福祉機器を・福祉用具を譲りたい方"と"必要としている方"へのリサイクルのための情報提供を行います。不用な福祉機器・福祉用具がありましたらご連絡ください。


不用な福祉機器・福祉用具をお持ちで必要な方にお譲りしたい方

(1)不用となった機器等の詳細、譲渡条件を申込書に記入してください。(有効期間は1ケ月間です)
(2)その後、機器等の情報を発信し、必要とされる方が見つかったら連絡します。
(3)授受に関する交渉、修理、運搬の手段等は、当事者双方で決めていただきます。

※福祉機器・福祉用具の保管は申込者でお願いします。社協でのお預かりは一切できませんので予めご了承ください。

更生相談(身体障害・知的障害)

知的身体障がいのをお持ちの方やご家族がこころ豊かな生活を送ることができるように、相談員が悩みや困りごとに対してアドバイスを行い、必要な支援やサービスに繋げます。

 

相談日

身体障害
奇数月 第2 日曜日 午前10時から正午
知的障害
偶数月 第1火曜日 午前10時から正午

 

なかよし学園親子支援

 

発達がアンバランスな傾向にある子を保護者とともに通っていただき、児童の健やかな発展を促しているなかよし学園において、保護者同士で意見・悩みなどを共有する場の要望があり、その際に必要な託児を行います。

社会福祉協議会 会員募集!!福祉のまちづくり寄付のお願い資料室 各種申請書類ひがしうらのふくし 社協の広報

社会福祉法人 東浦町社会福祉協議会

〒470-2103 愛知県知多郡東浦町大字石浜字岐路23-1

電話0562-84-3741 FAX0562-84-3737

h-syakyo@ma.medias.ne.jp

窓口受付

午前8時30分から午後5時15分まで

利用日時

月曜日から金曜日(祝日を除く)午前8時30分から午後5時まで

プライバシーポリシー